金柑のシロップ煮


金柑のシロップ煮をれふの遊びレシピで作ります。


栄養たっぷりで風邪予防になる金柑はそのまま食べるのも美味しいですが、柔らかく種が取れているシロップ煮の大好きな娘たちにたくさん作ります。


金柑  (粒の大きいもの)
きび砂糖   (お好みの量)

洋酒   (お好みで)




金柑のへたを取り、一晩水に漬ける。
金柑を鍋に入れて、かぶるくらいの水を入れて沸騰させてる。
そのまま1分くらい沸騰させる。

水を切り、少し冷ましてから金柑を半分にして種をとる。
金柑が浸るくらいの水・きび砂糖を入れ弱火で蓋をして煮る。

艶が出てきたら、(洋酒を加える)シロップがトロトロしてきたら火を止める。




保存容器に入れて冷めたら冷蔵庫へ。

1月から3月ごろが金柑の収穫時期だそうです。

長く楽しめますね。




金柑のお湯割りやお菓子作りにも使えるれふの金柑のシロップ煮をつくってほしいです。