ゆずジャムとゆずケーキ


ゆずジャムとゆずケーキをれふの遊びレシピで作ります


ゆずジャムはイギリスの酸味と少し苦みのあるセヴィルオレンジマーマレードと似ているそうです。
れふのゆずジャムはワタ付きのままで作るので、少し透明感がないゆずジャムですが、美味しいです。
ゆずジャムをそのまま食べてしまうほど好きな娘たちは、瓶に自分の名前をつけて保存します。
喜ばれるジャムなので、たくさん作って冷凍保存をしています。

◆ゆずジャム◆

ゆずを洗い、半分に切って果汁をしぼる。
鍋に(種は除く)果汁を入れる。
種・薄皮を取り(透き通ったジャムはワタも取り除く)大きめのお茶パックに全て入れて果汁の鍋の中に入れる。
皮を薄く切り、同じ鍋の中に入れる。
ゆずの量の2倍くらいの水を入れ皮が柔らかくなったら、お茶パックを取り出し(軽く絞る)
お好みの量の砂糖を入れ、ときどきかき混ぜて、弱火で15分煮る。(とろみ具合は水の量で調節して煮る)

パンやスコーン・ヨーグルト・ゆず茶・料理にも使えます。

◆ゆずケーキ◆ 

太白ごま油を使ってゆずケーキを作ります。

優しい酸味のケーキです。


ゆずジャム  150g
ヨーグルト   50g
卵黄   3個
きび砂糖   60g
卵白   3個
きび砂糖   60g
薄力粉  150g  
アーモンドパウダー   50g
太白ごま油   50g


ボールに卵白を入れ、少し泡立ててから

きび砂糖2回に分けて入れ、その都度泡立てる。

しっかりとしたメレンゲを作る。






湯せんしておいた鍋の火を止めてにボールを入れ

卵黄・きび砂糖・ヨーグルト・アーモンドパウダー

太白ごま油・を加え、よく混ぜ合わせる。






卵黄類が入っているボールにメレンゲ1/2を入れて

ボールの底から持ち上げるように混ぜる。








薄力粉を振るい入れ、泡だて器の間から

生地を通すように混ぜ合わせる。








生地が混ざりにくい場合はスパチュラに替える。










ゆずジャムを入れて、底から持ち上げるように混ぜる。

残りのメレンゲを入れて 底から持ち上げるように混ぜる。

型に流し入れ、170度に温めたオーブンで50分焼く。


11月の下旬から次の年の1月ごろがゆずの収穫時期だそうです。

春までお店に並んでいるかしら・・・

酸味がアクセントになったしっとりゆずケーキが焼けました。

アイシングもお勧めです。


   れふのゆずジャムとゆずケーキたくさん作ってほいいです。