スコーン


白いパンと呼ばれていたスコーンれふの遊びレシピで作ります。


太白ごま油を使ったシンプルなスコーンです。
牛乳を入れてさっと混ぜる。
生地のベタベタだめですよ。表面はカリッと中はふんわり❤
焼き上がりの形が狼の口になるのが理想です。
ジャムやクロテッドクリームでいただくとリッチで美味しいです。

狼の口になっいるスコーンを見つけてくださいね。

少し温かいスコーンがお勧めです。


薄力粉   200g
ベーキングパウダー  小さじ2
きび砂糖   大さじ3
牛乳   70ml
太白ごま油   50ml
牛乳   艶出し用
チョコチップ・胡桃   お好みの量
塩(岩塩など)味が深まります。   ひとつまみ


薄力粉・きび砂糖・ベーキングパウダー・塩を

ボールに入れ、泡だて器でよく混ぜる。








太白ごま油を回し入れ、泡だて器で切るように混ぜる。

ぽろぽろさらさらになるように混ぜる。


そぼろ状になります。


牛乳を少しずつ入れて、さっと混ぜる。


牛乳を入れてさっと混ぜる時はベタベタにならないように

牛乳の量を調節するのがポイントです。




ひと塊にまとめ、半分に切って重ねることを数回(3-5回)する。







ラップでまとめながら、3㎝の厚さにして

好きな形にしたり、好きなものをのせたりする。

◎切り口は スパッと切れるように。

表面に牛乳を塗り200度に温めたオーブンで12-15分焼く。


冷めたスコーンを温め直す場合は
アルミホイルで軽く巻いてオーブントースターで
5-10焼くと、再びカリッふわスコーンが楽しめます。

雲の形と木の模様がお気に入りです。

ほっこりやさしいスコーンが出来ました。


               
         

       れふのシンプルスコーンたくさん作ってほしいです。